ミャンマー作家協会で、児童図書製作のワークショップが始まる

2015年2月28日より、ミャンマー作家協会で、児童書を製作するためのSVAの研修ワークショップが始まりました。総勢は30数名、午前中は内外の多数の作品を紹介し、午後からは「自分の作ってみたい児童書のテーマと内容」について、6つのグル-プに分かれて、絵地図分析ワークショップを行いました。

みんな第一線で活躍しているクリエーターで、ミャンマーは今、自由な新しい時代を模索しているだけに多数の課題が提起されました。軍政下の数年前と大きく異なり、作家や編集者なども自由な表現ができ、参加者の表情は実に生き生きとしています。作家協会も、この歴史的なワークショップに大きな期待をかけているようです。

二日目からは、これらのたくさんの提起をもとに、実際に作家+画家+編集者の合同のグループに分かれて、絵本や児童書の製作などに入っていきます。自由な想像力で、どこまで新たな創造が可能か、新しい挑戦は続きます!
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック