テーマ:ヒューマニズム

ヒューマニズムの大きさについて

ヒューマニズムの大きさについて ヒューマニズムの大きさには、いろいろあるそうだ。小さなものもあれば、大きなものも。しかしどのような大きさのヒューマニズムでも実践がついてなければ、それはただ単に壁に描いた餅(もち)に過ぎない。食べることができないからだ。ヒューマニズムになぜ大きさがあるのか、それはビジョンの大きさからくるのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩送りの思想と京都の大文字焼き

人には、それぞれ誰にも言えないような痛切な体験がある。そうした体験によって、人は鍛えられ、人生をたくましく築いていく。 劇作家の井上ひさし(1934-2010)は不遇な幼時期を過ごした。幼い頃、父と死別し、義父の虐待を受ける子どもだった。貧しさのため母に手を引かれて児童擁護施設に預けられた井上は時々、不良少年と付き合い、中学生にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more