テーマ:平和絵本の共同出版

時代の先を創るにはー戦火や国境を越えて平和絵本の共同出版が完成した意味

ICLC 国際識字文化センターが呼びかけて、世界で初めてインドとパキスタンが共同制作した「平和絵本」が2011年暮れに完成しました。これは1998年、東京にある国際識字文化センター(ICLC)が、カシミール問題で激突して対立を深めるインドとパキスタンの国境紛争において、どうしたらインドとパキスタンが、共同で平和を子どもたちのために育むこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年の活動記録と今年の抱負について

昨年、2011年の活動記録と今年の抱負です。日本が未曾有の危機に瀕している中で、将来をどのように切り開いていくか、今年も実験的な取り組みが続きます。支援して下さる多数の方々に心からの感謝を申し上げます。 田島伸二より 2011年のICLCの活動記録 1)インド・パキスタンの子どもたちのための平和絵本の共同制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドとパキスタンが子どもたちのために共同出版した世界初の平和絵本

2011年、日本は地震・津波・原発事故と大震災に見舞われ悲しい年になりました。特に日本の子どもたちは福島原発の放射能拡散によって、未来への道のりが一層険しい年になっています。大人の責任が深刻に問われた厳しい年でした。こうした中からでも希望への道のりをしっかりと見つけていきたいものです。 1.こうした状況の中で、世界で初め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more