テーマ:パキスタン

パキスタンの小学校教育のカリキュラムに、「紙漉きによる実技教育」が取り入れられた!!

15年前に、私の始めたパキスタンでの「紙すき実技教育」が、全国の小学校のカリキュラムに導入されたというニュースです。パキスタンの教育の流れを変える識字教育から。最近、私はこのようなメールをパキスタンの友人から受け取った。 田島様 良いお知らせがあります。最近パキスタン連邦教育局は小学校の学習課程の中に、手すき紙づくりを導入しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インダス川の畔にてー人はどう生きるか?

2000年、パキスタンのラワルピンディのリヤカットホールにて、「さびしい狐ーコンキチ」の舞台が、ラナ・アッサランの主演で行われました。これは国立芸術評議会の主催によるもの、国立演劇学校の舞台に続いてアッサランの二度目の公演でした。舞台の正面には、TAJIMA SHIN JEE への感謝という大きな看板も立て掛けられ、そこには4つもの肩書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心からの社会改革ーイスラマバードの盲学校の子どもたちが、紙すきを行ったことの意味

なんでも先入観で決めつけるのはよくないですね。私はかってイスラマバードの国立盲学校の校長先生から、紙すきの研修の依頼をうけたとき、「紙すきは、いちいち視覚で確認するのだから、実際無理ではないか」と思いましたが、全くそうではありませんでした。私が教えたJVCの若者が、盲学校で研修を行ったところ、8年後には、その盲学校で、「生徒たちが、喜び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンの刑務所に収容された子どもたちに識字を!

1998年の暮れ、私はパキスタン政府の社会福祉省の青少年福祉を担当している職員の依頼で、刑務所に収容されている子どものための識字教育活動に協力する機会を得た。当時私はJICA(国際協力機構)からパキスタン政府へ識字専門家として派遣され、連邦政府首相識字委員会(PMLC)のアドバイザーをしていた。 まずは実態把握から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンのイスラマバードで演劇となった 「コンキチー孤独な狐」

コンキチの創作を書き始めたのは 1974 年、もう 37 年前になるんです。当時、遊学していたド イツのミュンヘンにあるアパートの6階で、小雪が舞っているアルプスの方角を眺めながら、 ふと思いついて書き始めた寓話です。そのとき私は26歳、毎日、バイエルン州立図書館に通 っていました。そして人生を限りなく夢想していたのです。 その頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I南アジア共同出版の第一歩が始まる!

昨日は、12年間続けてきた「南インドの平和絵本の共同出版」プロジェクトで出版する絵本のドラフトがようやく5冊まとまって、インドの出版社へ送りました。万歳!!! この出版社はインドの最大の出版社で、プロジェクトのインド側代表が、この出版社の前編集長だったのです。そして現在彼女は、国立マハトマガンジー平和記念館の館長です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月5日(土)のセミナーは「激変の中のインド・パキスタンの子どもたちの環境の今」

「インド・パキスタンの子どもたちの環境のいま」 多数のビデオを使って報告する刺激的なセミナーです。 とき:  2009年9月5日(土曜日)PM 13:30―16:30 ところ: 環境パートナーズシップオフイス (エポ会議室)表参道      東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F (裏面地図) 主催:  国際識字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年パキスタン・インドの国境を越えて始まった河川の環境についての絵地図分析ワークショップ

2009年5月23日、デリーを出発して、空路パキスタンのラホールに到着しました。空港には大学の車が出迎え、外国人用の宿舎に寝泊りしながら、国立ラホール女子大学で絵地図分析によるワークショップを環境科学部で開催しましたが、ようやく昨日それが終わってホットとしたところです。新しい環境問題への取り組みと言うじつに刺…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激動の中国、変化のインド、パキスタンを歩くー2009年3月から6月を生きる!

                       南インドの子どもたちが描いた私の村                        自然の葉っぱのコラージュに絵を描く 3月から6月にかけて、猛烈な忙しさの中にあった。これまでに播いた多くの種が実りつつあるのを感じた人生の 季節でもあった。中国では南京師範大学、インドはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルドゥー文学の鈴木斌先生とICLCのキラン図書館

ウルドゥー文学の東京外国語大学名誉教授であった鈴木斌先生は、ICLCの活動やキラン図書館の設立などにも全力を傾けて下さった。2000年、パキスタンのラワルピンディの郊外にあるアデアラ刑務所の中に、青少年を対象としたキラン図書館の建物を設置したときには、いち早く訪問して下さり、数々のご助言を下さった。 先生は酒豪として大変有名な方で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紙漉き学習を、パキスタン連邦教育局は、小学校の学習過程に導入しました!!

田島様、良いお知らせがあります。最近パキスタン連邦教育局は小学校の学習課程の中に、手すき紙づくりを導入しました。今年の6月・7月には、私が地方の教師たち100人の訓練を行いましたが、この100人が講師となって他の先生たちに教えていくことになります。ですから10年前に田島さんが、悩める人々のためにともしてくれた光が、一気にひろがります。ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原爆から生まれたヒューマン・リテラシーの哲学

その昔、私は「びっくり星の伝説」という物語を書いたことがある。この物語の英文名は The Legend of Planet Surprise といい、アジア地域では20ヶ国語以上に翻訳出版された。この物語の中で、人間という存在は「言葉と手」をもっているために他の生物とは異なって、非常にユニークな文明を築くことができたことを題材とした。と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キラン図書館が意味するもの?刑務所に収容されている子どもたちに”識字教育”を!

アジア・太平洋地域で識字教育や基礎教育の仕事に携わってきて痛感したことーそれは社会の中で最も抑圧され、最も困難な状況の中で生存を余儀なくされているのはだれか? そして彼らが一番求めているものはいったいなにか? もちろんすべての人にとっては、戦争状態のない平和が一番大切だし、生存のためには衣食住のような物理的環境がよく整備されている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more