テーマ:自然の叫び

5月14日の夕べ、宇宙を漂う人間と動植物の物語「大亀ガウディの海」が語られます。

今春最高の語りー古屋和子の語り+野中かつみ「大亀ガウディの海」ー石棺ー2050年の原発     魂のうた ソナム・ギャルモ 出演: 古屋和子(語り手)+野中かつみ(バッファロードラム・インディアンフルート) ソナム・ギャルモ(うた) 日時: 2011年5月14日(土) 開演午後6時30分~午後9時頃 (午後6時15分開場)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の村のたくさんの見捨てられた牛や犬を見たことがありますか?

原発の村の、見捨てられた牛や犬を見たことがありますか?人間をほかの動物たちはいつも見ているのです。「人は、この世でなにをやっているのか」 この物語りは生物の叫びです。http://tajimashinji.at.webry.info/201104/article_13.html すべてが終わってから、どうして重要なことを知るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月14日夕ー今春最高の語り「大亀ガウディの海」ー古屋和子の語りが開かれます

今春最高の語りー古屋和子の語り+野中かつみ「大亀ガウディの海」ー石棺ー2050年の原発     魂のうた ソナム・ギャルモ 出演: 古屋和子(語り手)+野中かつみ(バッファロードラム・インディアンフルート) ソナム・ギャルモ(うた) 日時: 2011年5月14日(土) 開演午後6時30分~午後9時頃 (午後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想美術館

Huh? Do you call this place an art museum? Is this your idea of a joke? You have me bring all these children way out here to this empty warehouse, and for what? Where is…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

忘れやすい民族である日本人と原発の存在

東北関東を襲った3月11日の大津波、大地震、原発事故から、早1ヶ月が過ぎようとしている。桜の花びらの舞う4月13日ではあるが、被災地での声にならぬ嘆きや悲鳴とともに、復興の掛け声もますます大きくなってきている。 しかし原発の放射能の汚染地域は、ますます広がり、避難地域は30キロを超えて、ある区域などが設定されるようになった。また野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発について、生き物と環境についての大型絵本です。「大亀ガウディの海」の世界

現代の海の環境の中を生きる自然の生き物たちを、一匹の海亀の生き方を通じて、人間社会のありかたを感動的に描いています。この絵本の着想は、1954年3月、太平洋ビキニ環礁での米国の水爆実験で被ばくした第五福竜丸と自然の生き物の声を代弁しようと、30年前に執筆されてインドのラマチャンドラン氏によって絵本化された物語です。原発によって、海に垂れ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

20世紀型人間が遺していく「地球最悪の廃棄物」

現在、福島原発が想像をはるかに超えて、破局的な局面に進んでいる。今回の未曾有に事故は、決して地震や津波によってのみ起きたものではなくて、人間のおごり高ぶった科学文明や目先の見えない経済活動によって、引き起こされたものだが、これはまだ地球の人間にとってはごく始まりなのである。 日本が広島の原爆によって戦争核を悲惨な状況で体験したと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の事故は、想定外の自然災害ではなく、人災の最たるものである。

今回の巨大地震は、マグニチュード9.0と記録されましたが、2004年のスマトラ島沖地震は、マグ二チュード9.3。そして地震による津波は、スマトラ地域では最大43メートル、東北地方では推定15メートルと言われています。しかし過去の事例からみると、明治時代には、三陸沖地震でも、38メートルもの津波が襲っているのです。この地域を旅すると、よく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人生にどうやって希望を見つけるかー山に住む狐と狸の会話から

「だれも住んでいないような山奥にも、雪が激しく降り積もっていました」 とある日、冬空に浮かんでいた雲が言いました。 「・・・・・見渡す限り白銀の世界です。しかし、私はそのとき、雪原の下から生き物の呻き声を聞いたのです。それは大きな古株の下の小さな洞窟に住んでいた、やせ細った一匹の古ギツネと古タヌキでした。キツネとタヌキが一緒に仲良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more