田島伸二のブログ-Tajima Shinji

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ始まった教育改革ー心の絵地図分析ワークショップより

<<   作成日時 : 2014/03/26 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年11月、目黒区内の小学校で、「心の絵地図ワークショップ」を行いました。3日間にわたって、目黒区の小学校6年生3クラスの約70名が参加しました。完成した絵地図は、素晴らしいものでした。私は本当に感動しました。これまで海外ではたくさん絵地図をやってきましたが、国内では余り多くはありません。昨年のワークショップの後、子どもたち全員から70通に上るお礼の手紙を受け取りました。ひとりひとりの個性あふれる素晴らしい手紙でした。

ワークショップを分析してみると、今の日本の学校教育が、こどもたち1人1人の欲求や人生には全く無関係に進んでおり、受験競争や偏差値の世界だけに子どもたちを投げ込んだまま知らない顔をしているのを痛感します。生きた教育が必要なのです。受け取った70通の子どもたちの手紙や完成した絵地図から見えてくるものは、今日の日本の教育のありかたになにか重大な指摘をしているように感じます。

卒業を目前にした6年生の子どもたちは、今の時代の中で「必死に人生を生きていこう」と悪戦苦闘しています。人生に無限の夢ももっていますが、同時に悩みや苦しみもきちんと表現しようとしています。またある女の子は、絵地図のなかに、「わたしのための仕事」と「社会のための仕事」と自分の人生を二つに分けて、描いている子がいました。これは全体の傾向として、3.11以降、「自分だけの幸せを求めてはいけない」と子ども心に強く決意しているものと思えます。これは子どもたちの自分の人生に対する曼荼羅(まんだら)地図とも言えますね。アジア地域での識字教育の中から生れた「心の絵地図ワークショップ」、今日の学校教育の荒廃に、なにかのヒントになっていけばなあと思っています。

この区立小学校の生徒たち、昨日の2014年3月24日、小学校を元気よく卒業していきました。みんな卒業おめでとう!

画像


画像



小学校6年生の子どもたちから受け取った70通の手紙

田島先生へ

―心の絵地図「人生マップ」をやって、僕の目標や夢が整理できてとてもよかったです。そして思ったこともあります。なぜ人は生きているのかという疑問をもちました。この答えをいつか出せるような生き方をしたいです。                                                             6年2組  M.S

ー先日は、私たちのためにすばらしい授業をしてくださってありがとうございました。なんとなく書きはじめてみたものでしたが、やっているうちにだんだん興味がわいてきておもしろくなってきました。ひととりながめてみると自分の未来が目の前に見えてくるようでした。これからの人生が、私が絵地図に書いたとおりになるかはまだわからないけれど、けっしてあきらめずに。今回の授業をもとに夢を叶えたいです。
                                     6年2組  M.M

―いそがしい中、学校に来てくださってありがとうございました。ぼくは人生マップをつくってとてもたのしかったです。できればぼくたちの卒業式に出席してください。 
                                     六年三組  Y.H

―私は自分だけの人生マップをつくって、「私の人生の目標はこれだ!!」と発見しました。発見できたのは先生のおかげです。ありがとうございました。また自分のやるべきことがわからなくなったら、書き出してみようと思います。

                                      六年三組  E.H

―この前はありがとうございます。ぼくが心の絵地図「私の人生マップ」を書いて思ったことがあります。一つ目は、自分の将来が明確になったことです。そのことで今何ができるか、何を目ざせばいいのかわかったきがしました。二つ目は、なんだかスッキリしたことです。なぜかというと苦手なことがモヤモヤしていたので、いい機会と思いました。
                                       6年2組  K.K

―先日は「人生マップ」について教えて下さり、ありがとうございました。短冊に書いたことをつなげると、自分の将来像が見えるような気がして、やる気が湧いてきました。また、僕の心の中にあったわだかまりも消え失せ晴々した気持ちになりました。これから自分の未来に向かって頑張っていこうと思います。                
                                        6年3組  N.H

―先生が言っていた人生マップを作ったら、自分の夢がありのままに出ていました。
                                        6年3組  U.Y

―この前は、私達のために学校へ来てくださいましてありがとうございます。私は最初、「つまんない、、、」と思っていたけれど作ってみると私の将来がうかんできてとても楽しかったです。とてもきちょうな時間を私達にくださってありがとうございました。                      
                                         6年3組  UM83

―人生マップを作ってみると、どんどん夢がふくらんでいくような感じがして楽しかったです。また他の人の考え方も見ることができて、それぞれ自分の考えを持っていることがわかりました。またやってみたいです。 
                                        6年3組   U.T

―心の絵地図をかいて私が思ったことがあります。一つは自分の目標がしっかりと定まり自分がやるべきことがあやふやなことがなくなりました。二つ目はこれを手元においておけば何を達成したか、何をすればいいのかすぐにわかるということです。このようなすばらしい機会をつくってくださってありがとうございました。

                                         6年2組  K.U 

―この前は、すてきな授業をしていただき、ありがとうございました。ふだんは考えないような将来のこまかいことをいろいろと考えました。「わたしの人生マップ」を作ったことで、自分の反省している所もしっかりと受け止めることができたような気がしました。また自分の新しい夢を見つけることができました。将来に生かしていきたいです。
                       
                                         6年2組   O.M

―先日はありがとうございました。私は心の絵地図をかいて、自分の夢、目標、直したいことなどを考えて、自分は何を目指しているのかを見直すことができました。私は時間内に終わらなかったのですが、完成した友達の絵地図を見て工夫しているデザインやステキなデザインを見てすごいなと思いました。とてもおもしろい授業でした。                
                                          6年3組 Y.M

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ始まった教育改革ー心の絵地図分析ワークショップより  田島伸二のブログ-Tajima Shinji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる