田島伸二のブログ-Tajima Shinji

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年パキスタン・インドの国境を越えて始まった河川の環境についての絵地図分析ワークショップ

<<   作成日時 : 2009/07/16 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


画像


画像


画像

2009年5月23日、デリーを出発して、空路パキスタンのラホールに到着しました。空港には大学の車が出迎え、外国人用の宿舎に寝泊りしながら、国立ラホール女子大学で絵地図分析によるワークショップを環境科学部で開催しましたが、ようやく昨日それが終わってホットとしたところです。新しい環境問題への取り組みと言うじつに刺激的なワークショップでした。

現地の視察では、汚染されたフデアラ河の上流を上って、緊張するインドとの国境約1キロまで近づいたことです。この地域では、印パの武力衝突で多数の兵士が亡くなった戦場でもあるのですが、今回のテーマは両国による「河川の環境」問題への取り組みです。毎日、詳しく報告したいと思いながら、暑さと疲れの中で、今の状況をどのように説明したらいいか考えていたのですが、とにかくこれらのことだけでも1冊の本が書けそうです。

今回、大学で行った絵地図分析の主要な議題は「インドから流れてくる汚染のフデアラ川の工業排水による汚染をどのようにインド側のNGOや大学、関係機関と協力しながら解決するか」というもので、これはカシミール問題以上に難しい課題ですね。しかし、この汚染された川の水を飲む数万頭の水牛のミルクがラホールに配られ乳幼児や妊婦たちにも配られているのです。 これは上流地域のインドと下流地域のパキスタンが、「命」の水をめぐって、どのような協力関係を構築できるかという難しい課題です。

しかもこれは問題の認識段階に留まらず、どうやって実際のアクションを起こしていくかが最大の課題なのです。変化を起こして、多くの人々が問題意識をもつことから始まります。

これについて参加者は5つのグループに分かれて、原因や対策などの絵地図を、絵地図分析ワークショップの方法論に従って作成したのですが、2つのグループのひとつは、この問題の意味するものについて10名の教授たちによって、3つはその具体的な解決法について学生によるものでした。今年は、パキスタンで行いましたが、来年はインドで同様のワークショップを企画しています。 そして最終年には、インドとパキスタンの双方から、参加者が出席してアクションのための絵地図を作り始めます。

まや今回は、5月28日はラホールを出発して、ファイサルバードにある刑務所の中に設置した子どもたちの図書館など(キラン図書館)を訪ねる予定です。そしてそのあとイスラマバードまで車で約5時間かかって、他の図書館を視察してラホール経由で、6月4日深夜、無事に日本に帰ってきました。

画像




WWF Pakistan - Hudiara Drain

Introduction

Hudiara Drain, which is a natural stormwater channel, originates from Batala in Gurdaspur District, India, and enters into Pakistan at village Laloo. After flowing for nearly 55 km inside Pakistan, it joins the River Ravi. All along its route in India and Pakistan, wastewater, sewage, and industrial



pollutants are discharged into the drain without any proper prior treatment. As a result, organic wastes and toxic chemicals have badly affected aquatic life both in this drain and in the River Ravi.
Farmers living near the drain frequently use its water for irrigation. Preliminary investigations have revealed that this water has high concentrations of metals. Long-term irrigation from Hudiara Drain may have resulted in the accumulation of higher concentrations of metals in the surface soil. This would be toxic to soil fauna and flora and may be introduced into the food chain. Most local people have contact with drain water on an almost daily basis. These factors mean that it is necessary to assess pollution levels in Hudiara Drain, its contribution to the total pollution load of the River Ravi, its impact on the health of local community and the effect of irrigation on soil quality.

Study aims

• The pollution status of Hudiara Drain

• Different sources of pollution both in Pakistan and across the border

• How much the Hudiara Drain contributes to the total pollution load of the River Ravi.

• The impact on soil quality of irrigation water from the drain

• The effect of drain water on the health of the local community


• The extent to which environmental awareness and hygiene consciousness can be generated in people living near the drain through organising workshops etc.



Project activities


Sampling locations
The extent of pollution already in the drain before it flows over the border into Pakistan will be assessed from samples taken near Laloo village.
The pollution load from industrial units and human settlements in Pakistan will be assessed from samples taken downstream of Sattokatla Drain.
The total pollution load from Hudiara Drain will be measured from samples taken just before it joins the River Ravi.

Soil sampling
Survey of the sample villages Thether (case) and Penghali (control) to assess the effect of drain pollution on the health of people living nearby.

Epidemiological study
Survey of the sample village Thether (Case) regarding the status of health, prevalent diseases and the availability of medical and civic facilities

Survey of the sample village Penghali (control)
Blood lead level analysis of individuals from both villages

Free medical and eye camp
A free medical and eye camp will be organised




Tests
Water: Temperature, Total Suspended Solids, Total Dissolved Solids, Electrical Conductivity, Biological Oxygen Demand, Chemical Oxygen Demand, Dissolved Oxygen, pH, Fecal Coliform Counts, Chlorides and Heavy Metals (Cd, Cr, Cu, Hg, Li, Mn and Pb).
Soil: Electrical conductivity, pH, metal concentrations (copper, cadmium, chromium, lead, zinc, manganese, mercury), soluble ions and texture. Blood: Lead levels.

Significant findings
Generally drain water has a higher concentration of metals at sampling point one.
In most samples, drain water properties, such as biological oxygen demand (BOD), chemical oxygen demand (COD) and total suspended solids (TSS) exceed the permissible .


limits for industrial effluents devised by National Environmental Quality Standards (NEQS).In all samples, dissolved oxygen (DO) was less than 1.0mg/l. On average, blood lead levels are higher in individuals from Thether village compared with Penghali.
The occurrences of skin, eye, joint pains and other abdominal diseases are greater in Thether village than in Penghali.



Funding Agency: United Nation Development Programme (UNDP)
Executing organisation: World Wide Fund for Nature Pakistan (WWF-Pakistan) in collaboration with the Environmental Protection Department-Punjab and Soil Survey of Pakistan
Starting date: December 1, 1999
Location: 55-km stretch of Hudiara Drain from point of entry into Pakistan
Project duration: Two years


For further information please contact:


Hammad Naqi Khan, Director EPU

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
2009年パキスタン・インドの国境を越えて始まった河川の環境についての絵地図分析ワークショップ 田島伸二のブログ-Tajima Shinji/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/07 02:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年パキスタン・インドの国境を越えて始まった河川の環境についての絵地図分析ワークショップ  田島伸二のブログ-Tajima Shinji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる